スロット ビーマ

スロット ビーマ

Bloggerの推奨事項:

  • グラブルps4
  • 台湾 スロット ツアー
  • パチスロ初まとめ
  • ビンゴリバース
  • スロットアクロスブログ
  • ボクはローレシア

    どうぞロレンとお呼びください」 ローレシア! ……………………? それ、女性名では?「今年の春より女近衛に加わる

    正式採用は来年だがな

     サヤ、先日の貸し分として、これと手合わせをしてやってほしい」 女近衛⁉︎ え、つまり彼女? は、貴族ではない……? 来年正式採用ということは、髪は短いけれど、成人前ということで良いのか?「どうした姫、何を固まっている?」 ロレンにひょこひょことついてきたディート殿が、巫山戯て俺を姫呼びしてくるが、無視した

     何気に昨日の晩餐、根に持ってるのかもしれない

     結局ご両親には、こっぴどく絞られていたからな

     そして当のロレンは……俺の背からひょこりと顔を出したサヤに、パァッと、花が綻ぶように破顔した

    「あぁ、思っていた以上に可憐な方だ! サヤ様、ボク、貴女に憧れて女近衛を目指しました

    あなたも好きかも:パチンコ リールロック
     夢のようです……いつか貴女にお会いしたい

    その一心で今日まで来たのです

     本当に、この日が来るなんて……頑張って良かった! あの、どうか、どうか、ボクの挨拶、お許しいただけますか?」 おまっ……っ、挨拶って、貴族じゃないうえに、初対面だよね⁉︎

    前に聞いていた話であれば、彼にしか見えない彼女は、士族の娘であるはず

    あなたも好きかも:アーケード・ボム
     サヤもまだ貴族入りしていない

    だから、庶民同士でのやりとりであるのに、ロレンはそう言った

     この場合の挨拶とは、当然、貴族同士の懇意な方で行う、小指の先に口づけするあれのことだろう

     ロレンはキラキラの、潤んだ瞳で熱くサヤを見つめていて、恋をしているのだと、その熱視線がありありと語っていた