パチンコ ワイハイ

パチンコ ワイハイ

Bloggerの推奨事項:

  • ff14 ルーレット
  • 閃の軌跡 4
  • 化 物語 スロット プレミア
  • ダンまち 解析
  • ドラクエ5 カジノ 攻略
  • このポチはペットではなく、使い魔です

    こんな状態では魔法使いである貴女の護衛は務まりませんよ」 召喚で呼び出された魔物達は、あくまで使い魔

    信頼関係を築くことは必要でも、メリハリは必要だろう

    「シア、ちゃんと躾しないと……」「躾?」「そう

    ご主人と使い魔としてね」「確かに今の状態、ご主人様とペットだね

    あなたも好きかも:沖縄 パチンコ jパーク
    アイシアそっくりの抱きつき癖」 フェルサの言う通り、確かに先程は見事な抱きつきダイブを披露

     ペットは飼い主に似るとはいうが、ここは似ないでほしかった

     将来的な意味でも

    「うう〜……わかったよ、ポチ」 みんなに説得されて、決心してポチに向き直すが、「カウ……」 甘えた鳴き声で、クリっとした瞳の上目遣いでポチは語る――ご主人、もう寂しい思いをさせないでね――と訴えかける

     その表情を見て、固まったアイシアはくるっとこちらを向いた

    あなたも好きかも:パチンコ マクロス2 セグ
    「ごめん、無理」 情が移ったのか可哀想になって、召喚空間に戻せないと潤んだ目でこちらを見る

     だがそれに対し、あの事件以来たまにではあるが一緒にいる機会の増えたテテュラが物申す

    「アイシア、その子をそのままにしておくと、貴女……死ぬわよ」「えっ!?」「よく考えなさい

    そんな抱き癖と甘えん坊のままにしておくと、私達がよく知るドラゴンほどの大きさになった時にどうするの?」 人を乗せて飛べるほどの大きさとなると、結構な大きさだ

    そんな巨体がご主人であるアイシアに甘えん坊全開で向かっているところを想像するだけでヤバイのは明白だ

    「だ、大丈夫だよ、ポチはそれくらい――」「躾なければわからないのよ」「うっ……」 アイシアの甘えた考えを一掃するテテュラ

     仰る通りなんだけど、圧を感じる

    「ま、まあ彼女の言う通りだよ