dq11 スロット 100

dq11 スロット 100

Bloggerの推奨事項:

  • ガルパン リール ロック
  • サイレント ヒル スロット フリーズ
  • ff14 水着
  • 喰霊 零
  • 兵庫 パチスロ イベント
  • かすり傷みたいです」「じゃあ絆創膏もいらないんじゃない? 放って置いてもすぐ治るわよ」 少し無愛想な看護婦を気にしながら、優樹は返事をすることなくクマジーが落ちないよう肩に乗せ、腰を下ろして少女の指に絆創膏をまいた

    「……はい、これで大丈夫」 笑顔でポンと腕を軽く叩き腰を伸ばしてクマジーをちゃんと抱かえた優樹を見上げ、少女はにっこりと頷いた

    「お姉ちゃんありがとうっ」「うん」「クマジーと遊ぶーっ」「うん」 少女に服を引っ張られて優樹も笑顔で頷くが――「ひょっとしてあなた、院長の息子の恋人って子? 病室でセックス見られた」 優樹は「ガホッ」と呼吸を詰まらせ顔を真っ赤にすると愕然と看護婦を振り返り、首を傾げいている少女が視界に映るとすぐに彼女を笑顔で見下ろした

    「さ、先に行っててねっ

    お、おねーちゃんもすぐ行くからねっ」 「ささっ」と背中を軽く押すと、少女は笑顔で「うんっ」と頷き走っていく

    優樹は「はは……」と微妙な笑みを浮かべてクマジーを抱き直し、ニヤニヤと笑っている看護婦にそっと目を向けた

    「……あ、あの……」「照れなくていいじゃない、今更」 興味津々な目に優樹は顔を真っ赤にしたまま「うっ……」と嫌そうに身を退いて首を振った

    「……あ、あの……

    してないですから」「そうなの? けどベッドで」「し、してないですっ……」 クマジーをギュッと抱いて慌てて首を振るが、「うふふ」と嫌らしく笑われた

    あなたも好きかも:コードギアス 反逆 スロット
    「照れなくていいのよ、そんなのー

    でも、我慢出来ないからって病室じゃ駄目よねー

    せめて鍵を掛けておかないとねー