スマホ オンラインゲーム rpg

スマホ オンラインゲーム rpg

Bloggerの推奨事項:

  • ジャグラーガールズ 解析
  • ジンクス 立ち回り
  • シュタインズ
  • グラブル sd
  • 侍魂オンライン
  • あなたも好きかも:呉市 パチンコ グランド
     茅のいる現場も、そうだ

     先が見通せない

    なにもわからない

    ただ今を続けていくしかない――たぶん、分類上は辛い仕事になるのだろうけれど、そうであってもだ、茅としては何も変わらない、いわば日常でしかなく、生きるためのものなのだ

     故に、茅は張り付けた笑みを消さない

    そもそも、これはもう消えるものでもなく、変えられないものだけれど、笑いながら戦場を走る

    あなたも好きかも:ギャンブル に 勝つ 待ち受け
     久我山の糸は、捕縛術だ

     わかっていはいても、きっと茅はその極意を得てはいない

    あくまでも広範囲の攻撃技術として有している部分が強く、できるできないはべつにして、久我山の名を誇ることはできないのだろう

     そもそも、武術家にとって防御とは、回避であり、防御行動そのものを持っていない場合が多い

     攻撃は最大の防御なり――とも言えるが、実際には極限ともいえる戦闘の中において、一撃を食らうことがイコールで死亡になりうることを想定し、守りに徹することがそもそも、状況の打開にならないからこその、選択だ

    あなたも好きかも:パチスロ パチスロ
    たとえば茅にしても、編み込めば7.56ミリくらいは余裕で受け止められるが、線の攻撃に対して面で受け止めるくらいならば、糸で察知して身をよじって回避する方が楽であるし、あまり効果的なものではない

     つまり、防御に一手をかけるくらいならば、防御から攻撃への転換を含めた二手で、攻撃した方がよっぽど効果的、ということだ

     いや、この場にいる人間の誰もが、それを選択しているのだろう

    防御の一手を使ったところで、それもまた攻撃への布石でしかない

    一匹でも多くの妖魔を討伐しなければ、前線は維持できないのだから

     最初の頃よりも、場の空気が緊迫したものになっている

    疲労の度合いに比例して緊張が空気を伝わり、張りつめていくのは戦場の特異性だ