デビルメイクライ4 スロット 解析

デビルメイクライ4 スロット 解析

Bloggerの推奨事項:

  • マカオ ゴールデン ドラゴン
  • gta5 エロ
  • 矢受けの加護
  • スプラトゥーン 装備
  • 20箱 グラブル
  •  本来なら「修行」シーンこそが物語のキモなのに、その「修行」シーンが丸々カットされている作品が多い

     なぜかな、と考えてみました

     要は「修行」シーンは映像で観るから見栄えがよいのです

     小説には映像がありませんから、いくら「修行」シーンを丹念に書いても、見栄えがよくなるはずもありません

     だから「ざまぁ」小説は「修行」シーンをほぼ全カットしているのではないでしょうか

    「勇者パーティーから追放される」⇒「失意の中で復讐を企む」⇒「修行する」⇒「主人公最強になっていた」⇒「窮地に陥った勇者パーティーを横目に強敵を難なく倒して『ざまぁ』する」 という流れですが、「小説賞・新人賞」に求められる原稿用紙三百枚・十万字の中に入れるには分量が多いのも確かです

     どこが削れるかを考えると、映像で観せられない「修行」シーンしかありません

     だから「カンフーマスター」シリーズの小説版である「ざまぁ」の物語から、本来なら見せ場のはずの「修行」シーンが全カットされたのではないでしょうか

    あなたも好きかも:アルペジオ スロット aタイプ 画面
     では本当に「修行」シーンを全カットするのが最適解なのか、疑問は残ります

    あなたも好きかも:石川 県 の パチンコ
    「ざまぁ」の本質は「カンフーマスター」のキモである「修行して強くなる」にあるはずです

    「修行」シーンをいかに表現するかで、小説でも「修行」シーンを観せられるのではないか

    これは私の帰着点です

    万人に通用するとは限りません

     そもそも「カンフーマスター」シリーズも「修行」シーンをすべては観せていないのです

    断片的に技を特訓し、ひとつひとつを観せていってジャッキーに習得させたと観客に受け入れさせています

     小説も同じではないでしょうか

     たとえば「巨大で硬い大岩をいともたやすく剣で切り裂く技」を「修行」シーンで書けば、読み手にも、この主人公は「巨岩すら切り裂く技」を習得したんだなとわかります

     先にこの情報を読ませてしまうと、佳境(クライマックス)での驚きが目減りするのではないか