化物語 スロット 子役確率

化物語 スロット 子役確率

 書き手としてはとりあえず「設定が誤っていたので○○話を修正しました

そこを読み直してください」のような文章を添えて最新話を投稿することになりますよね

あなたも好きかも:偽物語 スロット 機械割
 それで既存の読み手が○○話を再度読み直して「物語が止まった」原因である「設定の破綻」は修正されました、とはならないのです

 多くの読み手は連載を振り返って読み直すことなどしません

それをし始めたらそこから最新話に至るまですべてを読み直さなければならなくなるからです

そうしなければ正しい筋で物語を楽しめません

 結果的に読み手はこの連載を放り出します

あなたも好きかも:パチスロ 銀 と 金
いつまた「設定の破綻」が発生するかわからないからです

そんな気持ちを抱きながら小説を読み進められるほど寛容な読み手はまずいません

だから「設定の破綻」が生じて「物語が止まった」小説からは読み手が離れていってしまうのです

気を緩めない ゆえに書き手は連載をしている間、絶えず「設定の破綻」が発生していないか検証しながら執筆していかなければなりません

 わずかな気の緩みで、これまでの読み手の期待を一気に踏みにじってしまいます

あなたも好きかも:セガ ゲーム機
「小説を連載する」ということはそれだけの「義務が生じる」ものだと肝に銘じてください

 読み手が「これまで連載を読んできたのは時間のムダだった」と感じたら、もうその読み手は同じ書き手の小説を読もうとはしなくなります

現在だけの問題ではなく、「紙の書籍化」をしたときに書籍を買ってくれるフォロワーを失ってしまうのです

 これが重大な損失であると認識し「気を緩めず」に連載を続けましょう

「設定の破綻」がない小説でも物語の展開が変であればフォロワーは増えませんが、いずれ小説投稿サイトでランキングに載るようになればフォロワーは確実に増えます