スロット スターオーシャン

スロット スターオーシャン

カルラおばさんにはどうせ報告に行くはずだったし

ただね、ルッツが両親に捨てられたと主張して孤児院に来たという設定だから、明日から孤児院に来てね」 ちゃんと来てね、とルッツに手を振って店を出て、わたしはフランと一緒に帰途に着く

 ルッツの家に向かおうと思っていたら、井戸の広場でうろうろしているカルラおばさんの姿が目に入った

「カルラおばさん!」 わたしが声をかけると、おばさんは弾かれたように顔を上げて、こちらに駆け寄ってきた

丸かった顔がやつれて細くなり、目元が少しくぼんで見える

「マイン、遅かったね

あなたも好きかも:ヴァイキングス・ゴー・トゥー・ヘル
ルッツには会ったかい? どんな様子だった?」「真面目にお仕事してたよ

元気そうだった」「そうかい」 ホッと安堵の息を吐くカルラおばさんからはルッツを案じる気持ちが痛いほどに伝わってきた

あなたも好きかも:オンラインゲーム c
簡単に養子縁組に応じないのは当たり前かもしれない

「おばさん、これね、神殿の神官長からの招待状なの」 わたしは木札を取り出して、カルラおばさんに差し出す

あなたも好きかも:大垣 スロット
おばさんは信じられないと目を大きく見開いて、顔色を真っ青にして、木札を見た

「……何だって神殿から?」「ルッツ、孤児院に保護を求めたの

親に捨てられたって」「勝手に出て行ったのはあの子だよ!?」 ぎょっとしたようにおばさんは叫んだが、それをここで叫んでも招待状はなくならない

貴族である神官長からの招待状は絶対のものだ

「それで、神官長がルッツを本当に孤児院で保護するかどうか、決めるために両親の話が聞きたいって……

おじさんとおばさん、二人で来て

お仕事を休む都合もあるだろうから、三日後になってる