ブラックジャック アルゴリズム

ブラックジャック アルゴリズム

「ああ、そうだな

……それに、俺が少し考えていたからといっても完全に避けきれ無かったし……全体的に速度も上がっているな……?」「その通りだ……

音速を越えた速度の変化に気付けるたァ……中々やるじゃねえか……ま、そうこなくちゃ……くそつまらねェけどな……?」 質問に返すや否や、その場から消え去るゾフル

 消えたような速度で動いたのだ

あなたも好きかも:スロット 実況
残像も残さない程の超スピードでライの視界から消え去った

「ククク……」 そしてライの背後に回り込んだゾフルは、再び加速してライへ向かう

(死にやがれ……!)「……

……そこか!」 しかしライはそれをしっかりと確認できていた

あなたも好きかも:めぞん スロット
「……チッ!」「ラァ!」 ゾフルの攻撃を防ぐライ

そしてそのまま流れるようにゾフルの腕を掴み、遠方に向けて投げ飛ばす

 ライに投げ飛ばされたゾフルは建物を砕き、大地に軌跡を残しながら更に遠方へ吹き飛んだ

あなたも好きかも:3d オンラインゲーム
「ダアッ! クソッ!」 ようやく動きが止まったゾフルは荒ぶり、自身の上に落ちてきていた建物を苛立ち交じりに粉砕する

 そしてライはゾフルの前に立ち、尻餅を付いている状態のゾフルを見下すように眺める

「……よし、理解した

……アンタ──『電気を身体に纏っているな』……?」「……! ……ほォ……?」 ライが放った言葉に笑みを浮かべながら相槌を打つゾフル

その反応を見て確信したライは推測した言葉を続ける

「まあ、纏っているって言っても……触れたら身体が少し痺れるだけとか……そんな小さなモノじゃ無い……

電撃……、いや……近いと言えば……自然の雷か……雷の性質……それをアンタの身体に纏っているんだろ?」「ククク……ああ、そうだよ

お見事だ