風の用心棒 スロット

風の用心棒 スロット

「寝てる場合じゃないだろ」 鼻を鳴らし、木之本君の頬を引っ張るケイ

 しかし反応はなく、少し口元が緩んだだけ

 一気に安心して、気が緩んだんだろう

「ケイ君、この後は?」「執行委員会に抗議と、前回の処分の異議申し立て

それは、モトの名前で

映像は、……あった」 勝手にウエストバッグを漁ったケイが見つけたのは、一枚のDD(デジタルディスク)

 それを端末とリンクさせ、画像を確認し始めた

あなたも好きかも:新宿西口 スロット
プロテクトが掛かってる」「貸してみて」 サトミはDDを受け取り、自分の端末とリンクさせてボタンを操作する

 しかし結果ははかばかしくないらしく、そのままDDが返される

「あくまでも、義理堅いのね」「馬鹿なんだ、馬鹿

退学だって言うのに、全然分かってない」「だから立派なんでしょ」「立派、ね」 もう一度頬を引っ張り、鼻を鳴らすケイ

  木之本君はやはり少し口元を緩めるだけで、起きる気配はまるでない

「映像は

……仕方ないな」 取り出される一枚のDD

 ケイはそれをサトミの端末とリンクさせ、画面を見るよう促した

「鮮明ではないけど、映ってるわね

どうして、今まで隠してたの」「木之本君が自分のを見せない可能性もあるから、その時出そうと思ってた

さっきのような場面にさ