プライマル・メガウェイズ

プライマル・メガウェイズ

 大神殿での話し合いは順調に終わった

 スライフから聞いた遺跡の場所などを伝え、まずはそれら全てに懸賞金をかけてくれることになった

「それなりの大金になりますが……、本当に私達は出資しなくても大丈夫なのですか?」 向こうが計画する懸賞金の額に、思わず聞き返してしまった

あなたも好きかも:バカラ 9で勝つ確率
「もちろんでございます

全て心得ております」 心配するオレが、大神殿で聞いた心強いボルカウェンの言葉

 遡って使用料を支払うという形で、遺跡に対する懸賞金も全て神殿が出すという

 オレ達にとっては理想的な話だ

逆に、トントン拍子に進んで怖いくらい

 神殿での話し合いも

あなたも好きかも:チュニジア カジノ
商売の途中経過に関する話も、帰り道も順調だった

 そんなわけで、特に何事もなく、元いた場所へと戻ることができた

 神殿での話し合い

そしてその後に確認したマヨネーズとお茶の売れ行き

どちらも順調だ

 お茶はそれほどでもなかったが、マヨネーズは驚異的な売れ行きを見せていた

 貴族相手に、獣人達3人が行った営業活動は効果てきめんだったのだ