スロット リール音 防音

スロット リール音 防音

 だからまあ、全力でぶつかるしかないのだが、しかし円運動か

 私にもできるかな、あれ

あなたも好きかも:パチスロ 食える台
物真似はそんなに得意じゃないけど、刀にできて小太刀にできないってことはないだろうし――うん

あなたも好きかも:pixel 3a sim スロット
 試してみよう

 変わらず、左の小太刀は納刀して右手にだけ掴みながら、その切っ先をカイドウへ――それを僅かに外側へ逸らすようにしつつ、踏み込んだ

今度は迎撃や牽制の意味合いの一撃を、カイドウは行わない

 だが、刀の間合いに入る瞬間に、あの回転動作を見せる

おそらくカイドウも、その感覚を掴もうとでもしているのだろう

同じ戦場において、同じ行動をするのはあまり褒められたものではないとわかっていながらも、その先にある閃きに似た何かを得ようとしているのだ

その閃きとは納得であり、学習である

決して、上の領域に至れるものではないと、私は知っている

 だから、私はどんくさいのだ

そこまでしかできない

戦闘の最中に〝成長〟したことなんて、今までに一度だってないのだから――

「それが、これから先もそうだとは限らない」 そう言ったのは、あー、誰だっけ

まあいいか

 一テンポ遅れつつも、私も同様の回転をしつつ踏み込む――が、カイドウの居合いが出るよりも早く、私は弾かれるように身を引いた

半歩甘かった、カイドウの領域に同調しきれなかった結果だ