ブラックジャック 文庫 rar

ブラックジャック 文庫 rar

あなたも好きかも:大王製紙 カジノ 井川
「ベグラギュドの話は『紫』からも聞いておる、奴が復活するまでの間その領地を守り続けた大悪魔の一柱じゃろ?」「おお、我が父はかの地を生み出したる『紫の魔王』にもその名を知られていたのか!」「うむ、『紫』は妾と同じくしてこれといった魔族を生み出さなんだ

代わりに悪魔を使役していたと言う話は耳にしておった

じゃが確かその者は何年か前にラクラ=サルフによって滅ぼされたと聞いたがの」「そうなのだ! だが肝心のラクラ=サルフはこれだ!」「涙ながらに力説しないでもらえますかっ!?」 うーん、やはりラクラ絡みになるとこいつはもうダメかもしれない

 ある意味では熱狂的なファンと言っても良い

あなたも好きかも:インターカジノ ボーナスコード
 えるおーぶいいーではなくけいあいえるえるだろうが

「自堕落なのは否めぬが、ラクラはなかなかのやり手じゃぞ

妾がこうしてこの者に絡んでイリアス等を煽っておる中で一人だけ冷静じゃからの」 そういいつつ人の周りにまとわり付く金の魔王、気に入られていることは確かなのだがこの過ぎたスキンシップは主に護衛のイリアス、ミクスへの挑発行為がメインなのだ

 一応ウルフェにも効果はある模様、こちらが金の魔王を撫でている時に限ってだが

「それはまあ、尚書様が金の魔王さんに向けている態度は女性の私達と同じと言うよりもウルフェちゃんに向けている娘への対応に近いですから

私も尚書様には甘えたいですけれど、流石に父親と娘としての関係と言うのは高度過ぎると言うか……」「……そうなのかえ?」「その見た目の娘がいるほど老けちゃいないがな、姪っ子くらいなもんだ」「むう!」 ラクラの洞察力は鋭い、それを普段から役立てる機会がないだけで基本スペックはどれも高く天才的と言っても良い

 尻尾でばしばしと叩かれつつエクドイクに現状の説明を行う

「ふむ、別の魔王がこのガーネを……なるほど、確かにこの機に活躍ができればラクラ=サルフの名声も上がるやもしれないな!」「ご友人、なんだかこの殿方とは気が合いそうな気がします」「だろうな、お前等似てるからな

同属嫌悪になるタイプでもないし」 ミクスは言うまでもないがエクドイクもわりとポジティブシンキングをしている

あなたも好きかも:シェンムー3 スロット
 親の仇を盛り上げれば名誉回復できると言う案を受け入れている時点で相当だ

「それでエクドイクに頼みたい話なんだが――」 とりあえず本命の用件を伝える、エクドイクは少しばかり唸ったが了承してくれる