葉巻 ブラックジャック

葉巻 ブラックジャック

  そんな微妙なすれ違いを起こしつつ、考助は三か月後には店となる建物を完成させた

 その建物を前にして、フローリアがポツリと呟いた

「・・・・・・普通だな」「いや、それはそうだって

壊されないようにとか、雨漏りしないようにとか、普通の付与術は使っているけれど、ほかには大したものは付けていないし」「そうなのか?」 不思議そうな顔をして聞いて来たフローリアに、考助は頷き返した

あなたも好きかも:みどりのマキバオー スロット
 今回の場合は、店に入るための入り口が重要になるのであって、そのための仕掛けは建物自体には必要ない

 詳しく言えば、仕掛けを施すための魔法陣は仕込んであるが、目立つような場所にはない

あなたも好きかも:スロット ゾロ目 イベント 東京
 さらにいえば、今のところその仕掛けを作動させる必要が無いため、一般的な建物と違っているようなところは出ていないのだ

 考助がそう説明をすると、フローリアは微妙な顔になった

「つまりはなにか? 出入り口の仕掛けを動かすと、それが見た目で分かる、と?」「まあ、そういうことだね」 フローリアの顔が微妙な顔になっている理由に気付きつつも、考助はそれを気にしないようにしながら頷いた

 ここでいちいち突っ込んでいては、話が進まない

あなたも好きかも:スロット ゴールドx
 考助の顔を見ていたフローリアは、疑わし気な顔になった

「その出入り口とやらは、もう完成しているのか?」「勿論できているよ

・・・・・・見てみる?」「無論だ」 考助が確認するように見ると、フローリアはすぐにそう答えた

 ここまで来て今更この店は駄目だと却下するつもりはないが、どれくらいのインパクトを与える物なのかは確認しておかなければならない

 別にスコットに頼まれたわけではないのだが、フローリアは今後の為にも一度は見ておく必要があると考えていた