スロット データ 見方

スロット データ 見方

「これでほぼ確定かしら・・・もう証拠突き付けたい気分だわ」「いやまだ早いな

あくまでストッキングっぽいものであってストッキングではない可能性もある、例えば股引とかな

それにストッキングだったとしてもしかしたら本人の私物かもしれないぞ?」康太の言うように索敵によって見つけることができた衣類が用務員の私物である可能性も否めないのだ

そういった趣味を持っていて自分で購入したのであれば別に責められるいわれはない

あなたも好きかも:ブック・オブ・ランページ
かなり引かれるかもしれないが、それもある種の個性だ

あなたも好きかも:フロンティア・フォーチュン
誰かに見られると死にたくなるかもしれないがそれはそれで一つの個性足り得る

あなたも好きかも:三原 スロット
「・・・大の男がストッキングなんて履くかしら・・・?ていうかなんでそんなに平然としてられるのよ・・・」「男は須らく変態だからな

何があったって不思議じゃないさ

とりあえず部屋の中に入っていろいろ調べるか」「調べるって・・・まだ起きてるんでしょ?ていうか夜勤明けでこの時間ってことは昼に寝てるのかもしれないわよ?そうなるともう今日は寝ない可能性だって」昼間に夜勤明けの勤務が終わり、今起きているということは昼から今までの間の時間で一度寝ている可能性だってある

そうなると夜遅くまで起きて眠る時間を調整している可能性だってあるのだ

夜とはいえまだ深夜には程遠い時間帯、このまま用務員が眠るのを待つには少しつらい状況である

だが康太は相手が寝るのを待つつもりなど毛頭なかった

「誰が寝るのを待つって言った?さっさと気絶させればいいだけだろ?」そういって康太は自分の体の中から黒い瘴気を発生させる

それがどういう意味を持っているのか文はすぐに理解できた

以前夏休みにライブを荒らしていたと思わしき人物にも行った手である

対象の生命力を吸い取って強制的に昏倒させる

命を奪うぎりぎりのところまで吸い上げると簡単に意識を奪えるためにこういう時は本当に重宝する

もちろんことが終われば魔力を生命力に変えて注ぎ込めば何の問題もなく一時的に意識を失っていただけということになる