Hot Burning Wins

Hot Burning Wins

あまり何度も警備を通り抜けるわけには行きませんし、少しでも疑いをかけられてしまったら潜入作戦は失敗しかねません

あなたも好きかも:ブラックジャック 名話
ですので、私が後方について援護できる状況を維持するのが最良かと思います」ああ、なるほど…

あなたも好きかも:dmm スロット 解析
そう言われてみるとそうかもしれません

あなたも好きかも:ドラクエ 5 カジノ 最短 ルート
僕の不手際を助けてもらうためには後方で見守ってもらったほうがいいように思えます

なので朱鷺田さんの意見はもっともかもしれません

納得してしまったせいで、僕の表情は緊張でガチガチに固まってしまいました

本当に僕が先行していいのでしょうか?警備兵と対面すること自体にも恐怖も感じてしまうのですが、それ以上に僕の失敗によってみなさんに迷惑をかけてしまうのではないかと考えるだけで不安がこみ上げてしまいます

「だ、大丈夫でしょうか?」「ええ、大丈夫ですよ」不安を感じる僕の表情を見たことで、朱鷺田さんは笑顔を浮かべながら僕の肩をポンポンと叩いてくれました

「そんなに緊張する必要はありませんよ

堂々としていれば良いのです

もしも警備兵に何か聞かれても『仕事だから』と答えれば良いですし、内容を問いかけられても『機密事項』と答えればいいだけの話です

それが当たり前のことのように堂々と通り抜ければ良いのです