セガサミー カジノ

セガサミー カジノ

でも紛争地域とか、毎日不安に過ごしてる人たちは 今日が一番怖い日よ」 「……三思に心が乱されるから?」 「そうなんよ

不安や興奮が高まるから、争いごとが酷い事になることが多いんよ」 「……良かった……こっちの大陸が平和になってて……」 「東の大陸は今年も酷いことになっとるやろうな」 「毎年、オギュミノスが暴れているという話は美射に聞いたな」 「水棲族の間では有名やで、毎年の序列上位の生贄は……」 「ラー・ヌグマリクは助かったから、他の巨竜が……」 「そうかもなぁ」タガグロの顔が曇ったので話題を変えようと「あ、そうそう

三思が終わったら いよいよ、ナホンに行こうと思うんだけど……」 「お、いいやん

おみやげ買って来てな」 「何がいい?」 「そうやなー

あなたも好きかも:エヴァンゲリオン スロット シリーズ
うちがびっくりするようなもんがええかな」 「よし、考えとく

すげぇの持って帰るよ」 「楽しみにしとるで」タガグロの表情が明るくなったので「三つ子だって?」 「うん

あなたも好きかも:シルバーブレット スロット
うちもびっくりしたけど、楽しみが増えたわ」 「どんな子たちなんだろうな」 「きっと皆、それぞれ違うと思うで」 「楽しみだな……」 子供を持つことについて、重圧よりも なぜか喜びと、未来への期待の方が大きい

恐らく、仲間たちが居るので安心しているのだろう

その後、特に変わったこともなく、タガグロとさまざまなことを語り合いながら穏やかに時間は過ぎていき、二人でゆっくりと昼食を食べ終わった頃に扉がノックされる

開くとピンク色のパジャマにカーディガンを羽織ったミシェルと大いなる翼の機長であるマシーナリーのマカエルが立っていた

「どうしたんですか?」 「マカエルが大事な話があるって、私にも同席しろと……長期睡眠に入ってたんだけど……」 眠そうにミシェルは目をこする

あなたも好きかも:ブラックジャック スーパースリム
マカエルは無言で頷く

「とにかく、どうぞ」 俺はリビングに二人を招きいれ、タガグロの対面に二人を座らせる

「何か飲みます?」 「いらないわ

話が終わったら即また寝るつもりよ」ミシェルも三思は寝てやり過ごすタイプなのか