スロット ゴキブリ

スロット ゴキブリ

 この攻撃では仏パリ軍海兵第10大隊長のマリエ・マルティン・ウジェーヌ・ドゥプレ海軍中佐が複数の銃弾を受け壮絶な戦死を遂げています

同じ頃、セーヌを進む仏軍砲艦もショアジー付近の河畔にあった2門の野砲(普野戦砲兵第6連隊の重砲第1中隊1個小隊)によって前進を阻止され、やがて後進して行ったのでした

あなたも好きかも:ova ブラックジャック ed
※11月30日正午過ぎの普第6軍団前線部隊*ボォーフ停車場○普第51「ニーダーシュレジェン第4」連隊・第9中隊*ショアジー前面陣地○普第51連隊・第10~12中隊*「貯水塔」陣地○普猟兵第6「シュレジェン第2」大隊・第4中隊 状況不利と見たヴィノワ将軍はポタゥ提督部隊をビトリへ、ブレーズ准将部隊をサケー風車場(ビトリの西南西1キロ付近

あなたも好きかも:スロット 豆腐
現存しません)陣地へ引き上げさせました

あなたも好きかも:カジノ ハーデス
この時、ビルジュイフの西では仏軍の野砲1個中隊が前進してブレーズ旅団の撤退を援護し、これをシュビイ在の普野戦砲兵第6連隊軽砲第5中隊が迎え撃って対抗射撃を加え、やがてこの仏軍砲兵も自軍陣地線内に引き上げると午後5時頃、全ての戦闘が終息しました

 この日、普第6軍団では63名(戦死15名・負傷48名)の損害を出し、仏軍は約100名の損害と言われています

ガレ・オー・ボォーフの戦闘記念碑☆ エピネーの戦闘(11月30日) 30日午前7時、モン・ヴァレリアン要塞とその付属砲台、そして付近に増設された砲台から砲撃が始まり、ほぼ同時にパリ第三軍に属する護国軍部隊が一斉にラ=マルメゾン公園からマルメゾンの森に掛けての普第5軍団第一線陣地とサン・クルー宮殿北のモンルトゥー陣地帯に対し突撃を企てました

しかしこれは歴戦の普第5軍団前哨部隊(普フュージリア第37「ヴェストファーレン」連隊・第1、2大隊と普第50「ニーダーシュレジェン第3」連隊のF大隊)による猛銃撃で阻止され、護国軍兵は無理をせず午前11時には全て自軍の陣地線内へ引き上げました

 この戦闘が行われていた頃、東側・サン=ドニの戦線では普近衛軍団と普第4軍団の包囲管区に対し、男爵カミーユ・アダルベルト・マリエ・クレマン・ドゥ・ラ・ロンシエール=ヌリー海軍中将率いる仏「サン=ドニ軍」とオーギュスト・ベルタン・ドゥ・ヴォー少将率いるパリ第三軍の騎兵師団が密かに出撃の機会を窺っていました

 正午頃、サン=ドニ堡塁群の西端、ラ・ブリッシュ分派堡と目前のセーヌ河畔に係留された装甲モニター(浮砲台艦)や近辺の砲列から激しい砲撃が始まり、これは普近衛軍団による陣地帯の西側、普第4軍団のエピネー=シュル=セーヌ(サン=ドニの北西4キロ)陣地を狙ったものでした

 この分派堡後方に集合したのはルイ・フランシス・ジョゼフ・アンリオ准将率いるサン=ドニ軍第2旅団で、たっぷり2時間に及ぶ事前砲撃後の午後2時、ロンシエール=ヌリー提督はアンリオ准将に対し前進を命じたのです

 アンリオ准将は策を弄して目立つ散兵群をエピネー部落東側へ進めて包囲の態勢を取らせ、これに普軍守備隊が気を取られている内にユジェーヌ・ラモット=トゥネ海軍大佐率いる第3旅団からの助っ人、海軍フュージリア兵2個中隊がセーヌ川に沿った小道を普軍前哨に発見されることなく進み、遂に部落南側から部落へ侵入する事に成功するのです

 これでエピネーの陣地に入っていた普第71「チューリンゲン第3」連隊第5,6中隊は側面及び背後を攻撃されて陣地帯を維持することが難しくなり、部落南で海軍兵と戦う第6中隊は次第に押されて半数が部落西端に後退し、残り半数は水車用の用水路に降りて北方へ撤退しました

第5中隊も後衛を2、3軒の農家に置くと一斉に部落西郊外へ後退し、この後衛たちは仏軍の進撃を一時留める手柄を挙げた後、落ち着いて後退して行きました

 一方、エピネー北郊の陣地帯を守備していた普第31「チューリンゲン第1」連隊第9中隊は、突然エピネーから飛び出して来た仏軍に背後を襲われ、こちらは混乱状態に陥ってオルムッソン(エピネーの北1キロ)に向けて潰走してしまいます

 これに対し、付近の前哨陣地帯にあった諸中隊*は急ぎ結託してエピネーから前進して来る仏軍を攻撃し、これは一時仏軍をエピネー部落内へ撤退させる効果を生みますが、これら部隊が余勢を駆って部落に侵入すると数倍する敵に囲まれて猛銃撃を受けてしまい、慌てて退却せざるを得なくなったのです

 こうしてエピネーは完全に仏アンリオ旅団と海軍フュージリア兵の手に落ち、付近の普軍は一時水車の用水路対岸にある一軒の農家のみを抑えるだけとなるのです