モンテカルロ法 カジノ シミュレーション

モンテカルロ法 カジノ シミュレーション

参謀局の会議とは、いつもこんなものなのだろうか

あなたも好きかも:弱虫ペダル スロット 期待値
「彼に頼りきらないのではなかったのか?」 もちろん、自戒も込めて、いっている

セツナに頼りきっているのは、レオンガンドも同じだ

しかし、セツナに任せるのと、別の人間に任せるのとでは安心感が違った

セツナには数多の死線を潜り抜けてきたという実績があり、力がある

そこからくる信頼感は、ほかのだれも持ち得ないものだ

いまからセツナと同等の戦功を上げようとすれば、どれほどの敵を討ち、どれほどの国を落とさなければならないのか

 セツナが積み上げてきた物事以上に積み上げなくてはならなくなる

 ガンディアの置かれる状況も立場も変わった

弱小国に過ぎなかったガンディアは、いまや強国に名を連ねている

こうなっては、セツナと同等の戦果を上げるだけでは、彼と同じだけの信頼を勝ちうることはできない

あなたも好きかも:疑似恋愛 オンラインゲーム
「それに、セツナは不在だ」 レオンガンドが告げると、ゼノキス要塞の一室は沈黙に包まれた

集まっているのは、参謀局の面々であり、レオンガンドの側近や将軍たちはいない

将軍たちは戦後処理に忙殺され、側近たちは、ついさきほど起きた事件を調べている

「話を聞く限り、ジベルの仕業以外考えられませんよねえ」「ハーマイン=セクトルは知らないと言い張っているんですよね?」 アレグリアがハーマインを呼び捨てたのは、不信感の現れでもあるのだろう

「どうも、本当に知らないようだ

死神部隊が勝手に動いた、ということだろう」「自国の部隊なら、行動は把握しておくべきですよね」「その通りだが、死神部隊が国王直属だということを考えれば、将軍である彼がすべてを把握していないとしても、おかしくはない

我らが大将軍が《獅子の尾》の全容を把握していないようにな」 もっとも、アルガザードは、ガンディア軍の全容は把握しているし、《獅子の尾》の部隊構成などについては熟知している