スロット ライター 給料

スロット ライター 給料

これより、最終防衛ラインへの飽和攻撃を実施する

あなたも好きかも:桜井 誠 スロット
戦車部隊は停止し、砲撃部隊の攻撃終了まで待機せよ』 飽和攻撃は、圧倒的な物量を誇るモリガン・カンパニーや殲虎公司(ジェンフーコンスー)のお家芸と言える

下手したら全盛期のソ連軍を凌駕するほどの兵力を持つ連合軍では、圧倒的な数のミサイルや砲弾を敵陣に叩き込み、数を減らしてから突撃するという戦法を使うのは日常茶飯事なのだ

 もし敵が強固な防壁で身を守っているならば、普通なら”迂回して奇襲する”という戦法が選ばれる

しかし飽和攻撃ができるほどの兵力を持つモリガン・カンパニーでは、”防壁が倒壊するまで砲撃する”という単純で大規模な攻撃ができるというわけだ

 しばらくすると、戦車部隊が停車した廃墟の群れの真っ只中に、列車の機関車が蒸気をまき散らしながら線路を突き進む音が聞こえてきた

少しだけ驚きながら音が聞こえてくる方向を振り向いてみると、爆撃で破壊された駅の中へと伸びる線路を、ヴリシア帝国で開発された機関車が突き進んでいるのが見える

蒸気機関車のようにも見えるけど、勢いよく煙を噴き上げるあの煙突は見当たらない

おそらくあれは蒸気機関ではなくフィオナ機関を搭載したタイプだろう

あなたも好きかも:サイレントヒル スロット レギュラー
 外見は蒸気機関車のD51に似ている

魔力で動くフィオナ機関を搭載した機関車が必死に牽引しているのは、貨物の輸送に使うようなシンプルな車両ばかり

後方には対空戦闘用に設置されたのか、Kord重機関銃がでっかいトライポットの上に乗せられている

 さすがに倒壊した駅の中まで入っていくわけにはいかなかったらしく、駅のホームに到達するよりも先に列車が減速し、そのまま停車する

立派な車輪の隙間から蒸気を吐き出して機関車が停車すると、すかさず指揮官と思われる兵士たちが車両の大きな扉を開けた

 その中にぎっしりと詰め込まれていたのは、真っ黒な制服に身を包み、銃でしっかりと武装した歩兵たちだった

中にはフェイスガードのついたヘルメットを身につけ、LMGを装備している重装備の兵士もいる

やはり種族はバラバラで、人間の兵士やエルフの兵士が混じっているのは当たり前だ

 どうやら放棄されていた列車を拝借したらしく、歩兵部隊の輸送に利用したらしい

ぞろぞろと降りてきた兵士たちは素早く部隊ごとに整列すると、号令を受けてから解散し、割り当てられた戦車へと向かう