ボーダーランズ 2 スロット

ボーダーランズ 2 スロット

何せ五感を使った魔術というのは数多く存在するのだ

視覚聴覚嗅覚触覚味覚、五つ存在する中で索敵など情報において重要なものは視覚聴覚嗅覚の三つ

視覚に関しては康太は解析系の魔術で疑似的に使用している

これから視覚強化、あるいは別の種類の視覚に関わる魔術を使えばさらに康太の見えるものは変わってくる

あなたも好きかも:スロット 朝一 狙い目
そして聴覚強化を覚えれば現在の詳細な音による情報を知ることができる

音速を認識して即座に反応できるほど人間の反応速度は早くない

たとえできたとしてもほぼ脊髄反射程度のものだ

だが大きな音でなくても攻撃の予兆を知ることができるというのはかなりの利点だ

あなたも好きかも:まどかマギカ スロット 新台
さらに言えば音の聞き分けができるようになれば周囲の索敵をしなくても相手の位置がわかるようになるかもしれない

知覚に関わる強化魔術は大抵が風属性に属しているために、康太との相性はなかなかいいはずだ

康太が扱える属性は無、風、火の三つ

これら三つを扱ううえで自身の感覚強化魔術は必須といえるだろう

だが康太の言うように現在覚えようとしている魔術の数が多いのもまた事実だ

あれやこれやといろんなものに手を出しすぎると覚えられるものも覚えられなくなるだろう

選択肢が多いに越したことはないが、それでも選択肢が多すぎると状況に適した魔術を扱うことができないということもある

選択肢の多さが原因でどの方法をとっていいのかわからなくなってしまうのだ

手段が多ければその数だけの選択肢と正解が存在する

自分が持つ魔術の中から最適解を選び抜く力が康太にはまだかけているのである