カジノ スラム

カジノ スラム

話す姿勢に落ち着いた彼女らに、白川は頷き、ユーキの腕を振った

「高校卒業したら、って話しだったじゃん? 二月だよなー

あなたも好きかも:スロット ライン バレル
なのにさ、卒業したらまずは結納だ、って話になったみたい

んで、今度は子どもが生まれたら、って伸ばされてるみたい

この前聞いた」「そうなの?」 初めて聞く話しに生美が顔をしかめて優樹を振り返ると、優樹は優樹で困った笑みを浮かべている

「ま、まあ……そういう話しなんだけど」「じゃあ子どもが産まれる時、優樹ちゃんは未婚ってコト?」 眉間にしわを寄せて首を傾げる加奈に続いて「ひっどぉーい」と華音も頬を膨らませた

「それってちょっと嫌じゃなぁい? って言うか、なんでそんなに伸ばされなくちゃいけないのぉー? 子どももいて結婚も決まってるんだし入籍くらいいいじゃんねぇー?」 不快さを露わにする華音に「だよね」と加奈も同意して強く頷く

そんな二人を見て、生美も鼻から勢いよく息を吐き出し胸の前で腕を組んだ

あなたも好きかも:俺たちはバカだ ブラックジャック
「入籍を阻止されてるみたいね」「みたい、じゃなくて、阻止されてるんだろ」 白川も呆れた面持ちで続き、ユーキの腕で空気を叩く

「変だよなー

あなたも好きかも:うきゆき スロット
別に問題なんてないのにさー

今日明日にでも入籍したっていいくらいなのにさー」「第二のパパとしても、ママのしあわせは心配なわけだね?」 いたずらな笑みを浮かべて冗談交じりに伺う加奈に、白川は「当然だろー」と口を尖らせてユーキの腕を強く振った

「そりゃあ流は愚痴で済むけど、優樹はやっぱ寂しそうだしなー

大体、ワケわかんねーじゃん

なんでここまで来てもまだ認めてもらえねーんだろ、って」 両家とも結婚を認める仲なのに、すべてを先延ばしにする理由が見つからない

 そう苛立ちを滲ませる白川の思いは無理もない

今は誰よりも一番優樹の傍にいる

彼女の想いにも敏感なのだろう