スロット ゾーン狙いしやすい台

スロット ゾーン狙いしやすい台

 この軍団はシュタインメッツ将軍の再前進命令を実行する前に国王の前進中止命令が届き、この15日はこれ以上動くことはありませんでした

○第8軍団 15日早朝、命令通りザールルイ街道とザールブリュッケン街道との間に進出するため前進を始めますが、先頭がレ・ゼタン~ポン=ア=ショシーに達した頃、ポドビールスキー参謀本部次長から「オルニーに向かうよう」命令が届き、軍団は左へ転進しコリニーからクールセル=シュル=ニエを通過してオルニー方向へ進みますが、ここでストラスブール街道(現国道D955号線)をペルトル目指して北上して来た第9軍団の行軍縦列に阻まれてしまい、先を譲った軍団は予定より大幅に遅れて午後遅くオルニー周辺に到着しました

あなたも好きかも:スロット 設定1
 軍団長のフォン・ゲーベン大将は本営をシャリゼ(オルニー南西1キロ)に置き、本隊の第15師団はリエオン~ビュシー付近(現在のメッス=ナンシー=ロレーヌ空港周辺)に分散宿営し、第16師団の半分、第32旅団(グナイゼナウ将軍の第31旅団はティオンビルへ向かっています)はストラスブール街道を挟んだシニーからフロンティニーにかけて野営するのでした

○騎兵第1師団 午前9時30分に第7軍団左翼に付けとの命令を受け、本隊はポントワ付近からアル=ラクネイーを過ぎてマルシニーまで進みました

この地で第7軍団の前哨と連絡しますが、第一軍のこの日の前進行軍は中止されたと聞き、まずはこの地から斥候をメッス要塞へ放ちました

 また、師団長のハルトマン中将は第9軍団や騎兵第6師団から通報を受け、仏軍の退却は本物で、モーゼルを渡河し西岸に渡っていることを知り、また、普第3軍団がこれを追ってモーゼルを渡河中であること、騎兵第6師団は第3軍団に続くことを知るのでした

 しかしハルトマン師団長はこれ以上の命令を受けていなかったので(第一軍本営の幕僚たちがこの師団を発見出来ず、命令を渡せなかったためです)、結局この日は第7軍団の前哨線より後方、クールセル=シュル=ニエの西で野営するのでした

 シュタインメッツ大将はこの15日、本営を第7軍団砲兵隊が宿営するバゾンクールへ移動しました

 概ねこの日の第一軍前線はメッスの北、モーゼル河畔のマルロワからセルヴィニー(=レ=サント=バルブ)~ノワスヴィル~モントワ~アル=ラクネイー~マルシリーを経てジュリー付近までとなるのでした

 一方、独第二軍本営は先述通り14日にポンタ=ムッソンに入城し、この時点では未だ「コロンベイの戦い」の発生を知らなかったため、15日の行軍を以下のように定めて麾下に命じました

○第3軍団 セイユ川河畔まで前進し、シュミノ(ポンタ=ムッソン北東7キロ)に至ること

○第12軍団 同じくセイユ川河畔まで前進、ノムニー(ポンタ=ムッソン東南東10キロ)に至ること

あなたも好きかも:チート オンラインゲーム
○第9軍団 強行軍が4日間続いたため、現在地(ビュシー周辺)に留まり休養に当てること

○第10軍団 ポンタ=ムッソンから有力な支隊をメッス方向(北)へモーゼル川に沿って前進させ、その西岸高地をも占領せよ

○近衛軍団 デュールアール(ポンタ=ムッソン南6キロ)周辺に集合せよ

○第4軍団 キュスティーヌ(ナンシーの北10キロ)付近でモーゼル川河畔に到達し、前衛を渡河させ対岸のマルバッシュを占領し橋頭堡を築くこと

 しかし15日朝、以下の大本営電信が入電するのです

「第1及び第7軍団は昨夕極めて本格的な戦闘を行い、強大な敵をメッス要塞内に撃退した

この際、貴軍の第18師団の一部も参戦している