エルドア カジノ

エルドア カジノ

大切な友だちと、愛する妻を不条理な事で失った事に嘆き悲しむのを"旅人"が"常《とこ》しえ"に待つ方法を教えて貰い、その代わりに人に場所を譲り渡して、王様は姿を隠した】【美しい声を持っているが、小さな声しか出せない歌姫、その歌姫に恋する商人

その歌姫に惚れ込んだ商人が狡いウサギに翻弄されながらも、最終的には"旅人"から知恵を貰って"焔の城"という場所を教え貰う

そこから共に薬を手にいれて、商人と歌姫が添い遂げるのを見届ける話】【南の島の荒ぶる海の神々を、鎮める為に日々祈る呪術師の兄弟

その神々を鎮める為に、仲違いをしている土地の呪術師の兄弟を仲直りさせて、"旅人"と共に祈りを捧げる

あなたも好きかも:魔法少女まどか☆マギカ 2 スロット
そして海を穏やかな状態に戻し、南の島に安寧をもたらす話】【"旅人"が愛した大地の女神だと詐《いつわ》る、他の世界からやってきた可哀想な小さな女の子

その女の子と大地の女神と引き合わせて、詐る事の悲しさを説いて、最後には女の子と女神は友達になる話】『賢者殿とロック君がどういった場所と箇所で、その話に関わるかはわかりませんが、確かにその内容で考えたなら、世界規模の話になります ね』まだ、東の国の話だったり、この国の代表的な祭典に繋がる《旅人》に関する教典に記された話をアングレカムは思い出せる

しかし、とりあえず話を先に進めるために思い出す事に、区切りをつけた

《旅人》の活躍が、ピーン・ビネガーの言う通り"英雄"という言葉に当てはめてもおかしくはない事に気がついた

(いえ、《旅人》がこなした事は賢者殿が仰る通り、こなした活躍を考えたのなら"英雄"という言葉で"彼"を表現した方が、確かに当てはまる

――――何より)"英雄"という表現を《旅人》と変えたのは、教会に命じたのは今の暗愚と呼ばれる国王が即位してからだった

参謀が僅かに眉を潜めた所に、賢者が声をかける

『アングレカムは、私が言っていることが本当だと信じるのか?

イタズラ好きな賢者が、少しばかり賢い青年をからかおうと、最もらしく教典の話を重ね合わせる荒唐無稽な話だとは思ったりしないのか?』ロブロウを統治もしている優しい領主で、イタズラ好きで有名な賢者でもある柔らかな、優しい笑みを浮かべている

―――傍目にはそんな笑顔をしているように見せていたが、目も口許も注意深く観察をしていたなら、鋭さを隠(こも)らせている、それが判るピーンの顔つきだった

『疑いませんよ』そんな顔をするピーンに、あっさりと、アングレカムがそう言いきった

こちらは一般の御婦人方が見たなら、うっとりしそうな綺麗な笑みを浮かべて、客人は、賢者に返事をしていた

それから、まだ虚脱状態にある椅子に腰掛けた執事の青年に、綺麗さに優しさ加えた緑色の瞳を向ける